ホーム > BLOG

5月, 2018年

歯を磨いているのに口が臭くなってしまうのはなぜ? [2018年05月21日]

歯を磨いているのに口が臭くなってしまうのはなぜ?

江東区門前仲町の歯医者さん、原澤歯科です。
今回のテーマは「歯磨きしたのに口臭がするケース」です。
自分の口臭が気になった時、誰もがするのは歯磨きでしょう。

確かに、食べカスや食材などが原因による口臭なら歯磨きで解消できますからね。
しかし歯磨きしても口臭がするとなれば、
それは食べカスや食材以外の原因で口臭が起こっていることになります。

そこで、ここでは歯磨きしても口臭がするケースをテーマにして、
その場合の口臭の原因や対処方法について説明していきます。
このようなケースは決して稀ではないため、ぜひこの機会に覚えておくと良いですよ。

虫歯が原因のケース

虫歯になるということは口の中が不衛生な状態ということですから、プラークや歯石による口臭が起こります。
また、虫歯が進行することで口臭が発生することもあります。

歯が溶けて起こる口臭

虫歯が進行すると歯に穴があきますが、正確には歯が溶かされているのです。
本来硬い歯が虫歯菌によって溶かされると、歯はやわらかくなって発酵してしまいます。
この発酵によって発生する発酵臭が口臭になるのです。

神経が腐って起こる口臭

虫歯が神経まで進行すると、やがて虫歯菌が神経を腐らせて口臭が起こります。
最も、虫歯が神経まで進行すれば口臭以前に酷い激痛を感じるため虫歯を自覚するでしょう。
このため、虫歯を放置することさえしなければこの類の口臭が起こるまでの事態にはなりません。

膿みが出て起こる口臭

歯の神経が死ぬと根管内に細菌が増殖し、歯の根の先には膿みの袋が発生します。
この膿みの袋は次第に大きくなり、やがて膿みが出てしまうことで口臭が起こります。
また、膿みの袋が大きくなると口臭以外にも周囲の骨を溶かす、蓄膿症になるなどの問題が起こります。

二次虫歯で起こる口臭

詰め物や被せ物で処置した歯に虫歯が再発することを二次虫歯と呼びます。
詰め物や被せ物は見た目こそ美しいですが、あくまでそれは人工物です。
その奥にある歯に虫歯が再発することで、プラークの発酵や血液などによる口臭が起こります。

<対処方法>
虫歯が原因で口臭が起こっている以上、虫歯を治療しなければ口臭は解消されません。
虫歯の場合は治療も大切ですがそれ以上に予防が大切です。
毎日の歯磨きだけでなく定期検診を受けるなどして予防効果を高めましょう。
また、二次虫歯については詰め物や被せ物をセラミックにすることで予防しやすくなります。

歯周病が原因のケース

歯磨きしても口臭が解消されない場合、原因として最も可能性が高いのは歯周病です。
また、歯周病による口臭は他の口臭に比べて臭いがキツイと言われています。

なぜ歯周病で口臭が起こるのか

歯周病になると口の中で細菌が繁殖するため、プラークや歯石による口臭が起こります。
ちなみに歯周ポケットの溝にもプラークや歯石が溜まるため、見えないところでも細菌が繁殖します。
さらに歯周病によって歯肉が炎症を起こすと、歯肉から膿みが出たり出血したりもします。

これらの膿みや出血によって出た血液もまた口臭の原因になるのです。
特に膿みが出たことで起こる口臭は臭いが酷く、周囲の人が不快に感じてしまうほどです。
歯周病は元々自覚症状が少ないため、ある意味口臭は歯周病であることを知らせるSOSのサインです。

<対処方法>
口臭の原因である歯周病を治療することで口臭は解消されますが、
歯周病の場合はそもそも自分が歯周病であることに気づきにくいのが問題です。
このため、定期検診を受けて定期的に口の中の健康状態を歯科医にチェックしてもらいましょう。
また、歯周病を予防するには歯磨きや定期検診だけでなく生活習慣を改善し、免疫力を高める必要があります。

胃の病気が原因のケース

「口臭=口の中の健康状態に原因がある」と考えがちですし、確かにその可能性は高いでしょう。
しかしそうではなく、胃の病気によって口臭が起こることもあります。

胃炎で起こる口臭

胃炎になって胃酸が出にくくなると、食べた物が未消化で胃の中に長く停滞した状態になります。
そうなると本来腸で行われるはずの発酵が胃の中で行われてしまい、
その時発生した発酵臭が肺に入り込んで呼吸時に口臭を引き起こしてしまいます。

胃がんで起こる口臭

胃がんになると、がんの壊死によって臭いのキツイ成分が発生します。
その成分はやがて血液の中に吸収され、血管を通って肺に入り込みます。
そうすると呼吸時に排出されますが、その成分の臭いがキツイことで口臭が起こってしまうのです。

十二指腸潰瘍で起こる口臭

口臭が起こるまでの流れは胃炎と全く同じです。
消化不良によって食べた物が消化されず、胃の中でそれが発酵してしまいます。
この発酵時に発酵臭が発生し、肺に入り込むことで呼吸時に口臭を引き起こしてしまいます。

逆流性食道炎で起こる口臭

逆流性食道炎とは胃液が食道に逆流する病気です。
嘔吐時の臭いから分かるとおり、胃液は酸っぱくツンとした臭いを放ちます。
その胃液が逆流することで口臭の原因になりますし、さらに胃の臭いも混ざるためキツイ口臭が起こります。

<対処方法>
胃の病気の多くは生活習慣やストレスが原因とされていますが、
詳しい予防方法や治療方法は専門の医科でないためハッキリとは言えません。
ちなみに、この場合のポイントは「いかにして口臭の原因が胃の病気にあると気づくか」にあるため、
口臭を自覚した時には口臭外来を受診し、確実な原因の特定をしましょう。

便秘が原因のケース

便秘になると排泄物が腸の中に溜まるため、腸内環境が悪化して大腸菌などの悪玉菌が増殖します。
その影響で腸内の排泄物が腐敗しますが、この時腐敗した排泄物から有害物質が発生します。
最も、本来ならこの有害物質は便と一緒に排泄されるので大きな問題はありません。

しかし便秘になると排泄が行われないため、有害物質は腸内に残って腸壁から吸収されてしまいます。
そして腸壁から吸収されることで血液中に溶け出し、血液中に溶け出すことで血管を通じて全身に回ります。
そして肺に回ってしまうことで呼吸時に口臭が起こり、この場合の口臭は便臭に近いものになります。

<対処方法>
便秘を解消する必要がありますが、そもそも便秘が起こるのは腸内環境が悪化しているからです。
このため食物繊維や乳酸菌を接触的に摂取し、腸内の善玉菌を増やすことを目指してください。
また、腸内環境を整えるためにはストレスの解消や適度な運動も大切です。
特に女性はダイエットなどで腸の動きを鈍くさせるため、男性に比べて便秘になりやすくなります。

唾液の分泌量の低下が原因のケース

唾液の分泌量の低下は虫歯や歯周病になるリスクを高めますが、口臭を引き起こす原因にもなります。
唾液の質自体は人それぞれ異なるものの、方法次第で分泌量を高めることは可能です。

なぜ唾液の分泌量が低下すると口臭が起こるのか

唾液には酸素が含まれているため、唾液の分泌量の低下は口の中が酸欠状態になることを意味します。
さて、口の中には様々な種類の細菌が存在していますが、
その中の1つに酸素を嫌う特徴を持った嫌気性菌と呼ばれる細菌があります。

酸素を嫌うということは酸欠状態を好むということですから、
唾液の分泌量が低下した口の中は嫌気性菌にとって最も好む環境になるのです。
そうなると嫌気性菌の働きが活発になります。

嫌気性菌の働きとはプラークを分解することで、働きが活発になることでより多くのプラークを分解します。
プラークは細菌の塊ですから、それが分解されることで嫌な臭いが発生します。
多くのプラークが分解されればそれだけ嫌な臭いも多く発生しますから、それが口臭となってしまうのです。

<対処方法>
唾液の分泌量を高めることで嫌気性菌の働きを抑制できます。
水分を摂取する、気分をリラックスさせて副交感神経を高める、ガムを噛む、鼻呼吸をする、
これらの方法で唾液の分泌量を高めて嫌気性菌の働きを抑えてください。
ただし「ガムを噛む」の場合は虫歯のリスクを考慮してシュガーレスタイプのものにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯磨きしたのに口臭が発生するケースについてまとめます。

1. 虫歯が原因のケース :プラークや歯石によるものだけでなく、以下のような原因もある
・歯が溶けて起こる口臭 :歯が溶かされることで発酵し、その時発生する発酵臭が口臭になる
・神経が腐って起こる口臭 :虫歯菌によって神経が腐ってしまうと口臭が起こる
・膿みが出て起こる口臭 :歯の根の先に発生した膿みの袋から膿みが出ることで口臭が起こる
・二次虫歯で起こる口臭 :二次虫歯になると、プラークの発酵や血液などによる口臭が起こる

2. 歯周病が原因のケース :口臭の原因として最も可能性が高く、歯周病による口臭はキツイ臭いがする
・なぜ歯周病で口臭が起こるのか :細菌の繁殖、プラークや歯石、歯肉から出た膿みなどが原因

3. 胃の病気が原因のケース :口臭は口の中に原因があるとは限らず、胃の病気が原因のケースもある
・胃炎を起こる口臭 :胃の中で食べ物が発酵し、その時発生した発酵臭が口臭を引き起こす
・胃がんで起こる口臭 :がんの壊死によって発生した成分が呼吸時に排出されて口臭になる
・十二指腸潰瘍で起こる口臭 :胃炎と同じで、食べ物の発酵によって発生した発酵臭が口臭になる
・逆流性食道炎で起こる口臭 :胃液の臭いと胃の臭いが混ざったキツイ口臭が起こる

4. 便秘が原因のケース :排泄物の腐敗によって発生した有害物質が口臭を引き起こす

5. 唾液の分泌量の低下が原因のケース :唾液の分泌量の低下は口臭の原因にもなる
・なぜ唾液の分泌量が低下すると口臭が起こるのか :嫌気性菌の働きが活発になるため

これらのことから、歯磨きしたのに口臭が発生するケースについて分かります。
口臭にはこのような原因が考えられるため、単に「口臭がする」だけで原因を特定するのは困難です。
正確にはどんな口臭がするのかである程度特定できますが、それでも断言するには根拠が不充分です。
中には深刻な病気が原因のケースもあるため、
口臭が気になった時には歯科医に相談、もしくは口臭の専門外来を受診すべきでしょう。

噛み合わせと顎関節症の関係を教えてください [2018年05月01日]

江東区門前仲町の歯医者さん、原澤歯科です。
今回のテーマは「噛み合わせと顎関節症の関係性」です。
噛み合わせの悪さを自覚しつつも、それを大した問題と考えていない人も少なくありません。

確かに、噛み合わせの悪さは虫歯や歯周病と違って病気ではないですから、
治療に積極的になれない気持ちは理解できます。
しかし、噛み合わせの悪さは単に噛み合わせが悪いだけでなく、様々な病気を引き起こす原因にもなります。

そこで今回テーマとなるのが顎関節症です。
噛み合わせが悪いと顎関節症になるリスクが高くなる上さらに重症化しやすい傾向があり、
その点からも噛み合わせの悪さと顎関節症が関係していることは明白です。

顎関節症と症状について

顎関節症とは顎関節の慢性的な疾患で、顎関節やその周辺の痛み、
さらに口を開けにくいや耳が痛いなどの症状が起こります。
代表的な症状としては以下のようなものがありますが、それ以外にも細かい症状が起こります。

症状1. 顎の痛み
顎関節や周辺の頬、さらにこめかみが痛むこともあります。
これらは常に痛むわけではなく、食事などで顎を動かした時に痛む傾向があります。
このため、顎を動かしていないのに痛む場合は他の病気になっている可能性があります。

症状2. 開口障害
分かりやすく言えば、開口障害とは口を大きく開けられないことです。
とは言え、「口を大きく開く」の基準が分からないと思います。
そこで解説すると、正常な場合は40ミリ~50ミリほど口を開くことができます。

これは指を縦にして3本口に入るくらいの数値であり、
開口障害になると指を縦にした時に2本、もしくはそれ以下しか入らなくなります。
ちなみに突如口が開かなくなる場合もありますが、一方で徐々に開きづらくなる場合もあります。

症状3. 顎を動かした時に音がする
関節雑音とも呼ばれる症状で、顎を動かした時に耳の近くから音がします。
表現が難しいですが、「カクンカクン」や「ミシミシ」のような音で、
この症状しか起こっていない場合はそれほど深刻な状態ではありません。

症状4 噛み合わせた時に違和感がある
顎関節症によって顎関節や筋肉に異常が起こった場合、
顎の動きに変化が生じるため噛み合わせが今までと変わってしまうことがあります。
このため、何かいつもと噛み合わせが違うような違和感があるのです。

症状5. 口が完全に閉じない
顎関節症の代表的な症状の中でもこれは非常に稀なケースです。
顎関節内の構造に異常が起こり、その影響で歯列に隙間ができてしまうことがあります。
そうなると、状態によって口を閉じようにも完全には閉じられないようになってしまいます。

<顎関節症によるその他の症状>
他にも頭痛、肩こり、腰痛、背中の痛み、耳の痛み、耳鳴り、めまい、目が充血する、目が疲れる、
歯が痛む、舌が痛む、味覚に違和感がある、呼吸困難、手足のしびれなどの症状があります。
このように、顎関節症になると小さなものも含めて非常に多くの症状が起こります。

噛み合わせの悪さと顎関節症の関係

噛み合わせが悪いと顎関節症になりやすく、さらに重症化しやすい傾向があります。
最も、「噛み合わせが悪い=100%顎関節症になる」とは限らず、
あくまで顎関節症になるリスクが高まると捉えてください。

ではなぜ噛み合わせの悪さが顎関節症のリスクを高めるのでしょうか。
その理由は簡単で、噛み合わせが悪いことで顎関節に掛かる負担が大きくなるからです。
また、上記で説明した顎関節症の症状には「噛み合わせた時に違和感がする」があります。

その点から考えてみると、噛み合わせの悪さによって顎関節症が起こるだけでなく、
顎関節症になることで噛み合わせが悪くなる…つまり逆のパターンも言えることが分かります。
これらのことから、噛み合わせの悪さと顎関節症には深い関係があるのです。

顎関節症が起こるその他の原因

そもそも顎関節症は誰にでも起こり得るため、噛み合わせが良い人でも起こります。
そこで、今度はなぜ噛み合わせが良いのに顎関節症が起こるのかを考えてみましょう。
これについても理由は簡単で、顎関節症が起こる原因は噛み合わせの悪さ以外にもあるからです。

3-1. クセや姿勢
クセも姿勢も日常生活の中で無意識に行うものですが、これらが原因で顎関節症が起こることもあります。
例えば「頬杖をつく」や「歯を食いしばる」や「歯ぎしり」などのクセは、
いずれも顎関節に大きな負担を掛ける上、噛み合わせが悪くなる原因にもなります。
特に歯ぎしりは睡眠中のクセのため予防が難しく、本格的に改善するなら専用のマウスピース着用が必要です。

3-2. 精神的なストレス
精神的なストレスが原因で顎関節症が起こることがあり、しかもそれは決して稀なケースではありません。
精神的なストレスが蓄積されると脳がそれを発散させようと、歯ぎしりや食いしばりなどのクセを起こさせます。
また、噛みしめによる筋肉の疲労や緊張が続くことで顎のバランスも悪くなります。
実際に顎関節症になった人の性格に注目すると、ストレスが蓄積されやすい神経質な人が多い傾向があります。

3-3. 外傷
ぶつけるなどの外傷が原因で顎関節症が起こることもあります。
最も、これについては突発的な事故のようなものなので予防方法はありません。
ただ1つ言えるのは、強くぶつけた場合は例え大きな出血や腫れがなくても、
油断せずにひとまず冷やす処置をすることをおすすめします。

顎関節症の治療方法

顎関節症を治療する場合、治療の目的は2つあります。
1つは顎関節症の原因を解消するための治療、そしてもう1つは現状の痛みを治める治療です。
実際には現在の状態や起こっている症状を元に、以下のような治療を組み合わせる形になります。

・顎関節症の原因となるクセや習慣を患者さん自身に自覚してもらい、それを取り除く意識を強める
・患部を冷やし、痛みを軽減させる
・リハビリのように顎を動かすなどの訓練を行い、徐々に口が開くようにしていく
・特殊な装置を歯列に装着して顎関節に掛かる負担を軽減させる
・炎症による痛みが激しい場合などは薬を使用して対処する
・状態によっては外科治療を行う

…これらはいずれも病院で行う治療ですが、
実は顎関節症の治療においてのメインは患者さんによるセルフケアです。
そこで、必要なセルフケアについてもお伝えしておきます。

4-1. 歯の接触を回避する
目的は食いしばりを防ぐことです。食事や歯磨きの時は例外として、
それ以外の場面ではできるだけ歯の接触を避けて顎関節に負担を掛けさせないようにします。

4-2. 大きく口を開かない
注意すべき点は食事で、大きく口を開かないようにするために食材を小さく切るなどの工夫が必要です。
また、あくびや会話時にも口の開き方に注意しなければなりません。

4-3. 温める、冷やす
それぞれ使い分けが必要なので注意してください。急な痛みを抑える目的なら冷やすのが効果的ですが、
筋肉の緊張などによる慢性的な痛みに対しては温めるのが効果的です。

4-4. 姿勢を正しくする
猫背や顎を突き出す姿勢の人は改善してください。立った状態だけでなく座った状態の時の姿勢にも注意し、
さらに同じ姿勢のまま長時間過ごすのは避けましょう。

4-5. リラクゼーション
緊張をほぐすことで顎への負担を軽減させます。
緊張状態が続く場面では適度に力を抜いて筋肉を休ませましょう。

4-6. 全身運動
例えば水泳やウォーキングなどが効果的です。顎関節症に対する直接の治療効果はないですが、
顎関節症の原因となるストレスの解消効果があります。

4-7. 顎に負担を掛けない意識を高める
日常生活の中には顎に負担を掛ける場面が多々あります。頬杖などのクセ、食事の時の噛み方、
楽器の演奏など、顎関節症になった時はこれらを控える生活を意識してください。

…これらのセルフケアは顎関節症を改善する効果があると同時に、予防する効果もあります。
つまり虫歯や歯周病と同じで、顎関節症も生活習慣次第では予防できるということです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、噛み合わせと顎関節症の関係性についてまとめます。

1. 顎関節症と症状について :代表的な症状は以下の5つ
・顎の痛み :顎関節だけでなく周辺の頬やこめかみが痛むこともある
・開口障害 :大きく口を開けた時、指を縦にした状態で3本口に入るのが正常
・頬を動かした時に音がする :「カクンカクン」や「ミシミシ」などの音がする
・噛み合わせ時に違和感がある :顎関節症によって顎関節や筋肉に異常が起こっているため
・口が完全に閉じない :非常に稀なケース。顎関節内の構造に異常が起こり、歯列に隙間ができるため

2. 噛み合わせの悪さと顎関節症の関係 :噛み合わせが悪いことで顎関節に負担が掛かる

3. 顎関節症が起こるその他の原因 :噛み合わせの悪さ以外にも以下の原因がある
・クセや姿勢 :頬杖をつく、歯を食いしばる、歯ぎしりなどのクセは顎関節に大きな負担を掛ける
・精神的なストレス :ストレスによって脳が歯ぎしりや食いしばりなどのクセを起こさせる
・外傷 :ぶつけるなどの突発的な事故。強くぶつけた場合は出血や腫れがなくても冷やすべき

4. 顎関節症の治療方法 :病院で行う治療よりも、以下のセルフケアが治療のメインになる
・歯の接触を回避する :顎関節に負担を掛けさせないのが目的。食事や歯磨きの時などは例外
・大きく口を開かない :食事は食材を小さく切る工夫が必要で、あくびや会話時の口の開きにも注意
・温める、冷やす :急な痛みは冷やし、慢性的な痛みは温めるのが効果的
・姿勢を正しくする :猫背や顎を突き出す姿勢に注意。立った状態だけでなく座った状態の姿勢も注意する
・リラクゼーション :緊張状態が続く場面では適度に力を抜いて筋肉を休ませる
・全身運動 :顎関節症の原因となるストレスの解消効果がある
・顎に負担を掛けない意識を高める :頬杖などのクセ、食事の時の噛み方、楽器の演奏などに注意

これらのことから、噛み合わせと顎関節症の関係性について分かります。
今回の説明から最も感じてほしいのは、噛み合わせの悪さは決して軽視できない問題だということです。
噛み合わせが悪いのは病気ではないですし、虫歯のように激しい痛みが起こるわけでもありません。
しかしだからと言って改善を無視すると、顎関節症のような症状が起こってしまうことがあるのです。

PAGE TOP